ステキなお庭のスペース『ウッドデッキ』。選ぶためのポイントは?

こんにちは。
お家まわりのリフォーム屋さんの 安江 です。

お庭づくりのご相談をいただき、ほとんどのお客様が「あったらいいよね!」とおっしゃるのが『ウッドデッキ』
◯リビングとお庭をつなぐ大切な空間として
◯お子様が日なたで遊ぶ暖かいスペースとして
◯ペットとくつろげる癒しの空間として
最近とても人気なのが『ウッドデッキ』です。

このウッドデッキにも、材料や施工方法に様々な種類があります。
『絶対失敗しないウッドデッキを選ぶポイント!』をご紹介します。
それぞれの材料によって利点と欠点がありますので、一緒に考えてみましょう!

まず最近多くなってきたのが、『人工木の樹脂デッキ』です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この樹脂デッキの良い点は、
◯樹脂なので、定期的に塗装をしたりするメンテナンスが不要。寿命もかなり長くなりました。
◯現場での加工が容易で、制限はありますが曲線に加工したりすることも可能です。
◯色んな色を建物に合わせて選ぶことができ、長年使っても色あせなどはほとんどありません。

また逆に欠点もあります。
◯樹脂が主原料になっておりますので、夏は日差しによって表面温度が高くなり、お子様が急に
デッキに飛び出したりすると熱い事があります。
◯本物の木の風合いはどうしてもだせません。

やはりメンテナンスフリーは魅力ですよね。 耐久性も抜群です。
シンプルモダンな建物に合わせて、ダークグレーなどの色を選べるのもいいです。
夏に表面温度が上がるのは、ラグなどを敷いたり、奥行のあるテラス屋根をつけたり工夫しましょう。

続いて『天然木のウッドデッキ』です。
DSCN2542
天然木のウッドデッキの良い点は、
本物の木の風合いは格別。ナチュラルなお庭を造りたい方や木にこだわる方には良いでしょう。
◯こちらも様々な形や大きさに加工して造ることが可能です。

天然木デッキの欠点は、
◯定期的に木材保護塗料を塗るなどのメンテナンスは必要になります。(1~2年に1度)
◯経年劣化により腐食するなど、樹脂デッキに比べると寿命は短い
◯気候の変化により、木材に反りや割れなどの変形が生じます。裸足で歩くのが危険な場合も。

やっぱり自然の木目、木の風合いや香りは天然木デッキならでは。
最近では、ACQという防腐処理を施して、より長くお使いいただける材料も出てきました。
木材保護塗料も、いくつかの色から選んでいただくことができます。

このように、使う材料などによって全く異なります。
皆さまの生活環境や趣向に合わせて十分検討し、専門店にご相談することをお勧めします。

また、ウッドデッキをお庭に設置しても、
屋根や囲いが無いために、「雨の日や寒い冬には全く使えない…。」というお話を聞きます。
大きなウッドデッキがあっても、全く使われていない方が結構いらっしゃいます。
皆さまがそのスペースをどのように使うのか
10年後、20年後の家族構成やご自身の希望する生活スタイルも想像しながら、
失敗しないスペースのつくり方を十分ご検討ください。

その上で、どんな方法があるのかを専門店にご相談いただくのが良いでしょう。
当店の詳しい情報は、以下のアドレスから当店ホームページへお越しください。
お待ちしております!
http://www.ouchimawari.co.jp/beginners-guide/

トータルな外構工事から花壇ひとつ設置するような小さい工事まで、
どんなご相談も承ります。
お気軽に、以下のアドレスから「お問合せ」にご相談ください!
https://www.ouchimawari.co.jp/inquiry/

皆様との出会いを大切に、ステキなお庭をご提案させていただきます!

★岡谷市・諏訪市・諏訪郡・茅野市・上伊那郡・伊那市・塩尻市の、お庭をオシャレにしたい皆様へ★
★お家まわりの外構工事、エクステリア・ガーデニング工事、植栽工事、水まわりや建物のリフォームを★
★  デザインから施工、アフターサービスまでトータルでお手伝いさせていただくお店です!   ★